記事の詳細

あなたの長年苦しんでいる症状の原因、病気の予防方法、さらに今よりもっと健康になる方法など、当クリニックは「採血検査」の結果を特別な方法で深く読み込んでいくことで、原因や解決法を導き出します。

慢性的な疲れ(慢性疲労、副腎疲労)、脳機能(記憶力、集中力、やる気)低下、仕事•運動のパフォーマンス低下、原因は分かっているがなかなか改善しない慢性疾患、原因不明の症状、精神症状、不妊症、(男性、女性の)更年期症状、アレルギー、アトピー、等々その悩みのある方はこの検査をお勧めしています。

当院では採血検査で「他院では正常」と判断された項目でも「より深い分析」により「隠れた病態•生理的状態」を読み取っていきます。それによって他院では原因不明、問題無しとされる事に対して原因や解決法を導きだしていきます。
他院でも行われている一般的な検査だけでも当院ではそれらを深く分析することで7〜8割の病態を把握する事も可能ですが、それに加え他院では測定できない栄養因子(特定のビタミンやミネラル、ホルモン、酵素など)を測定する事でさらに解決法の精度を上げていきます。

例えばAST(GOT)、ALT(GPT)という採血検査項目がありますが、これは一般的に肝細胞の障害の指標とされています。ですから一般病院ではこの項目に異常があると肝炎とか脂肪肝などと判断します。しかし、当院ではとても重要なビタミンB6欠乏の指標としても扱います。同時に他院では測定しないビタミンB6を直接測定しますのでビタミンB6そのものの値も見る事が出来ます。
それによってビタミンB6欠乏が一因となる症状、うつ•パニック•不安•短気•脳疲労•慢性疲労•副腎疲労•がん•浮腫•動脈硬化•心筋梗塞•脳梗塞•貧血•痙攣等々の原因を見つけ出す事が出来るのです。
上記症状の原因がビタミンB6欠乏にあることは一般的な病院ではなかなか見つけられません。当院だからこそできるのです。
その他にも様々な採血検査項目で「気づかれない/隠れた病気の原因」「病気の予防方法」「さらに健康になる方法」などを探っていきます。
「気づかれない/隠れた病気の原因」「病気の予防方法」「さらに健康になる方法」を見つけることが出来るのは当院の大きな特色です。

採血検査には「フルセット項目」「標準セット項目」「最小セット項目」「単項目」を用意しております。経過フォロー時は各々の状態にあった項目を検査します。特殊な判断を要するのと、治療も自費となるため、すべて自費での採血検査となります。また、他のバイオロジカル検査等をお勧めする事もございます。

*当院の判断法は、標準的な医療をこえてより深く分析を進めていきます。検査時の説明をお聞きいただき、ご理解の上検査をお受け下さい。

栄養療法検査価格 (すべて税別)  *2016.10月 改定

栄養検査フルセット   52,000円
栄養検査標準セット    35,000円
栄養検査最小セット  14,000円
慢性疲労、副腎疲労セット  50,000円
脂肪酸4分画 (オメガ3/オメガ6/脂肪酸/EPA/DHA/アラキドン酸/γ-リノレン酸) 4,370円
甲状腺セット (TSH/FT3//FT4) 3,840円
ペプシノゲンセット 3,000円
DHEA-s 2,000円
男性ホルモンセット1 (テストステロン/遊離テストステロン/PSAタンデム) 5,000円
男性ホルモンセット2 (テストステロン/遊離テストステロン/PSAタンデム/DHEA-s/T-cho) 6,000円
女性ホルモンセット (E2/プロゲステロン) 3,520円
低血糖症セット (BS/HbA1c/1.5AG/GA/インスリン) 3,180円
ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査 800円
ビタミンA 1,500円
ビタミンB1 900円
ビタミンB2 900円
ビタミンB6 8,000円
ビタミンB12 500円
葉酸 500円
ビタミンD3 7,000円
亜鉛 1,500円
鉄セット (鉄/フェリチン) 1,270円
セロトニン 2,500円
GABA 2,500円
コエンザイムQ10 3,200円
Lカルニチン 3,000円
骨粗しょう症セット (OC/ucOC/BAP/NTX/TRACP-5b) 6,000円
卵子予備能検査 (AMH Gen2) 7,000円

※上記は自費診療の場合の価格です。保険診療の場合は健康保険が適用されます。

関連記事

クリニック案内

院長メルマガ

院長メルマガ

当院が大切に考える5つの柱

エナジーフロー 腸 脳 ミトコンドリア 栄養

最近のつぶやき

ページ上部へ戻る