記事の詳細

新年度になり、新元号も発表されましたね。

新年度になると新入学・新入社の方で

いつもの通勤電車に少し変化があるかもしれません。

 

誰しも満員電車での通勤ラッシュは苦痛なもの。

でも、

「あれ? ひょっとして、周りの人よりも辛いかも?」

と思うことはありませんか?

 

GABA不足

神経興奮を抑えるGABA。

GABAが少ないと、

自分には関係ない雑音を無視する機能

(ノイズキャンセリング)が

うまく働かなかったり、

不安になる神経伝達物質(ノルアドレナリン)に

うまくブレーキをかけられないことがあります。

 

 

ATP(エネルギー)不足

ヒトはミトコンドリアで生産された

ATPというエネルギーで動いています。

内臓が働くためにもATPを必要とします。

ノイズキャンセリング機能もATPを必要とします。

ニオイを解毒するためにも同様にATPを必要とします。

 

解毒機能の低下

栄養素の不足や遺伝子の変異などで

解毒回路が上手く回らず、

解毒機能が低下することがあります。

ニオイへの対応も解毒の一種と言えます。

 

通勤ラッシュが他人よりも辛い原因は

上記だけではありませんが、

検査をして現状を確認し、

サプリメント等で補充することで軽減される可能性もあります。

 

 

腸内環境

腸でもセロトニンが作られます。

セロトニンは他の脳神経伝達物質の調整役でもあります。

また、腸脳相関と言って、

腸の調子と脳には相関性があると言われています。

また、腸内のカビが出す産生物質が

体調を悪くすることもあります。

便検査で腸内細菌や消化酵素、炎症などを

詳しく検査することができます。

 

脳神経伝達物質検査

尿を採取して、

脳神経伝達物質とその代謝物を検査します。

国内での取扱いは当院のみ。

 

 

尿中有機酸検査

尿を採取して、

ミトコンドリアの機能を検査することができます。

また、腸内のカビや細菌などが

産生している物質も検査できます。

一部、脳神経伝達物質の代謝物を測定することもできます。

 

通勤ラッシュが辛すぎる方、ぜひ当院までご相談下さい。

必要な検査やサプリメントのご提案をいたします。

 

 

ナチュラルアートクリニック

院長 御川 安仁

TEL:03-6256-8448

関連記事

クリニック案内

院長メルマガ

院長メルマガ

当院が大切に考える5つの柱

エナジーフロー 腸 脳 ミトコンドリア 栄養

最近のつぶやき

ページ上部へ戻る