記事の詳細

院長自身も花粉症、軽いアトピー性皮膚炎で悩んできました。
でも、自力でナチュラル療法を実践したところ、花粉症、アトピー性皮膚炎の症状がほとんど現れなくなりました。

花粉症をはじめとした各種アレルギー疾患改善の治療をナチュラル療法を用いて行います。通常病院でのアレルギー治療といえば、アレルゲンを避ける、抗アレルギー薬を使用する、感作療法を行う方法が主体ですが、当院ではそれ以外の併用補助療法両方も行っております。

花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性蕁麻疹・湿疹、アトピー性皮膚炎といったアレルギー疾患の患者様の多くは粘膜免疫の低下が見られます。それは大元をたどると腸内免疫の低下、腸内環境の悪化、粘膜免疫を司る栄養素の欠乏が原因であることが多いのです。

当院ではビタミンAやビタミンD、ミネラル類など粘膜免疫を司る栄養素のチェック、補充に加え、腸内環境の改善、半導体レーザー治療、アレルギー点滴、食事指導などを併用した治療は行っております。

 

 

 

◎ 当院の《花粉症Basic治療》+「ヒスタグロビン注射」については、

こちらの「今から始める! 花粉症の予防と治療」」をご覧ください。

◎ 具体的な花粉症対策については、こちらの動画をご覧ください。

 

『ナチュラルアートクリニック 院長 御川安仁』

 

関連記事

クリニック案内

院長メルマガ

院長メルマガ

当院が大切に考える5つの柱

エナジーフロー 腸 脳 ミトコンドリア 栄養

最近のつぶやき

ページ上部へ戻る