記事の詳細

Circulating Tumor DNA検査 実施しています

リキッドバイオプシー

リキッドバイオプシー(liquid biopsy)は主にがんの領域で、

内視鏡や針を使って腫瘍組織を採取する

従来の生検(biopsy)に代えて、

血液などの体液サンプルを使って

診断や治療効果予測を行う技術です。

患者様の負担が小さく、しかも

腫瘍の遺伝子(ゲノム)情報を踏まえた

適切な治療につながる手法として

近年、世界中で研究開発が進められています。

この手法を使えば、採血という低侵襲な方法で

がんを診断できることに加え、

治療の各プロセスで治療薬を適切に選択できるようになると言われています。

 

がんの発生により、がん細胞が免疫によって破壊されたり、

自ら細胞死(アポトーシス)をおこしたり、

血中に漏れ出した循環腫瘍細胞(CTC)が

何らかの影響によって血中で破壊されたりすると、

がん細胞のゲノムDNAが血中に漏出することになります。

血漿から得たこれらのctDNAを測定することによって、

腫瘍由来のゲノムDNAを解析し、

原発がんや転移がんの比較などへ応用しようという動きが活発です。

 

新しいバイオマーカー”CTC”

末梢血中のがん細胞の数を測定するCTC検査が注目されています。

CTCとは「Circulating Tumor Cells」、

日本語では「血中循環腫瘍細胞」または「末梢血循環腫瘍細胞」と言い、

原発腫瘍組織または転移腫瘍組織から遊離し、

血中へ浸潤した細胞と定義されています。

このCTCは固形がん患者の末梢血中に微小量存在しており、

他部位への転移能を有している細胞を含んでいると考えられています。

 

検査結果イメージ

 

ナチュラルアートクリニック
院長 御川 安仁
TEL:03-6256-8448

関連記事

クリニック案内

院長メルマガ

院長メルマガ

当院が大切に考える5つの柱

エナジーフロー 腸 脳 ミトコンドリア 栄養

最近のつぶやき

ページ上部へ戻る