当クリニックについて

統合医療の提案

人間は自分で病気を治す力、病気にならないようにする力を元々持っています。それを自己回復力とか自然治癒力、ホメオスターシスと呼んだりします。それはまさに芸術的な機能であり、人間の存在そのものが芸術であると考えています。また、その自己回復力を様々な手段を用い、組み合わせて、その人の状態に応じて治療、予防していく医療、これも芸術だと考えています。
「芸術的な自然治癒力」を「芸術的な手段」でサポートして行きたい、そんな思いから「ナチュラルアート クリニック」と名づけました。

そのため、ナチュラルアート クリニックでは、できるだけ体に優しい治療を心がけ、西洋医学(現代標準医学)だけでなく、補完代替医療と呼ばれるものを複数駆使して、患者さん一人ひとりにあった治療法、予防法(統合医療)を提案します。当院で採用している補完代替医療には栄養療法(オーソモレキュラー、サプリメント療法)、機能性医学、点滴療法、食事指導、天然ホルモン治療、水素療法、天然ハーブ治療、キレーション療法(デトックス)、アーユルヴェーダ、遠絡療法、YNSA(山元式新頭鍼治療)、CEAT(癌活性消滅療法)などを取り入れております。

 

一人ひとりに対して、適切な治療の組み合わせを考え、テーラーメイドな治療法を提案しています。
ただし、お薬を否定しているわけではなく、必要なときにはお薬も処方いたします。

当院で行う栄養療法について

当院ではできるだけお薬を使わずに予防、治療を行っていく診療を目指しています。

長年携わってきた重症患者さんを扱う集中治療の分野では「Pharmaco-nutrition」として栄養素を治療薬として、時に大量投与を行う治療法を行っています。
更には血液中の解毒(デトックス)を行うような治療(血液浄化、キレーションなど)も日々行っています。

当院ではそれらを一般の外来の患者さんや病気を予防をしたい人々に応用して治療にあたっています。

一般にはオーソモレキュラーとか分子整合栄養医学、最近では機能性医学と言われたりしている、「Pharmaco-nutrition/栄養療法」そして「デトックス(キレーション)治療」等を用いて、急性疾患(インフルエンザ)、慢性疾患(慢性疲労、副腎疲労、花粉症、アレルギー、リウマチ、がん、生活習慣病)、メンタルヘルス(パニック発作、うつ)、メンズヘルス(LOH症候群/男性更年期、ED、AGA)、痛み治療などを行っております。
*しかし一部病状(強い痛みなど)によっては十分なお薬に一時的に頼ることは必要です。

当院では、下記の栄養療法を行っております。

点滴療法
・サプリメント
・食事療法
*ナチュラル療法(統合医療)は自費診療となります。

栄養療法に関わる検査項目、費用についてはこちらをご覧ください。

「栄養」への院長のこだわり

施設紹介

クリニック外観

外観

受付

受付

処置室

処置室

診察室

診察室

レントゲン室

レントゲン室

点滴室

点滴室

クリニック概要

名称 医療法人ふたまた会 ナチュラルアート クリニック
所在地 〒102-0085 東京都千代田区六番町6-5 アンドロイドビル2F
電話 03-6256-8448
FAX 03-6256-8449
開院 平成27年5月8日
院長 医学博士 御川 安仁 Yasuhito Mikawa M.D.
診療科目 保険診療 ペインクリニック、内科、麻酔科
自費診療 統合医療、栄養療法、自然療法
クリニック案内

院長メルマガ

院長メルマガ

当院が大切に考える5つの柱

エナジーフロー 腸 脳 ミトコンドリア 栄養

最近のつぶやき

ページ上部へ戻る