記事の詳細

健康に影響するミネラルには「必須ミネラル」と「有害ミネラル」があります。

「必須ミネラル」は、細胞やミトコンドリア、DNAといった人間にとって重要な器官の機能促進、骨や歯の健康維持、数百種類にも及ぶ代謝の補助、その他、身体の健康の維持管理や調節をするためには必要不可欠な成分ですが、体内で生成することができないため、食物やサプリメントで摂取していく必要があります。

一方「有害ミネラル」は有害重金属とも言われ、これは通常低いレベルで体内に蓄積されているものの、健康な状態であれば有害物質は体外に排出され続けていきます。

ですが、代謝異常などによって有害ミネラルが体内に蓄積され続けると、血液により体内の脳や内臓などあらゆるところに運ばれ、結果、発達や神経機能などに悪影響を及ぼし、重金属中毒を引きおこすことになります。

皮膚トラブルや偏頭痛といったものから、うつや自閉症、注意欠陥(多動性)障がい、アルツハイマーや慢性疲労・副腎疲労、不妊、その他精神疾患など、重金属中毒による症状は多岐にわたります。

様々に抱える症状が「有害ミネラル」による重金属中毒に起因するものであるかどうかを知るには、専門的な検査が必要となります。

一般的に、体内に蓄積されるミネラルの種類を調査するには、受診者にとっても負担の少ないものとして毛髪や尿による検査があります。

「毛髪ミネラル検査」では体内の慢性的な必須ミネラルの過不足の傾向および影響を受けている有害重金属の傾向、重金属の排泄能力を評価します。

「尿中重金属検査」では、有害ミネラル(有害重金属)と必須ミネラルの体内の蓄積量のおおよその評価および、治療期間中には治療効果、蓄積量の推移を把握します。

当院では、これらの検査結果をもとに必須ミネラルの効率的な摂取指導や有害重金属の除去治療に加え、食生活習慣の改善に関するアドバイスを含めたサポートを行うことにより、体内環境や代謝の健全化を目指し、トータルバランスのとれた健康的な体質へ改善していく治療を行ってまいります。

検査項目

必須ミネラル 多量ミネラル
ナトリウム(Na)、カリウム(K)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、リン(P)
微量ミネラル
鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、マンガン(Mn)、ヨウ素(I)、セレン(Se)、クロム(Cr)、モリブデン(Mo)
参考ミネラル ケイ素(Si)、バナジウム(V)、臭素(B)、コバルト(Co)、リチウム(Li)、ゲルマニウム(Ge)、硫黄(S)
有害重金属 アルミニウム(Al)、アンチモン(Sb)、銀(Ag)、ヒ素(As)、バリウム(Ba)、ベリリウム(Be)、ビスマス(Bi)、カドミウム(Cd)、水銀(Hg)、ニッケル(Ni)、白金(Pt)、鉛(Pb)、タリウム(Tl)、トリウム(Th)

検査費用

毛髪ミネラル検査

※為替レートにより変動しますので、ご希望の方はお問い合わせください。

尿中重金属検査

※為替レートにより変動しますので、ご希望の方はお問い合わせください。

※別途、誘発用サプリメント料金が必要です。
※自費診療となります。後日検査結果の解説には診察が必要となります。

郵送検査

郵送、宅配での検査も承っております。

<検査・結果解説費用>
毛髪ミネラル検査

※為替レートにより変動しますので、ご希望の方はお問い合わせください。

尿中重金属検査

※為替レートにより変動しますので、ご希望の方はお問い合わせください。

※別途送料が必要です。

郵送検査のお申し込み方法等、詳しくはこちらをご覧ください。

 

『ナチュラルアートクリニック 院長 御川安仁』

関連記事

クリニック案内

院長メルマガ

院長メルマガ

当院が大切に考える5つの柱

エナジーフロー 腸 脳 ミトコンドリア 栄養

最近のつぶやき

ページ上部へ戻る