記事の詳細

花粉症の予防と治療は、早め早めに行うことが肝心です。

眠たくなる抗ヒスタミン、抗アレルギー薬ではなく、自然な方法で花粉症を予防・改善しましょう。

院長自身もこの治療法で、花粉症を克服しました!

—————————————————————————————————————————————–

◎当院の 《花粉症Basic治療》 とは? : その特徴

・ もともと体が持っている免疫力を、正常に目覚めさせる!

・ そのために、ビタミンDで全身の免疫をコントロールする!

・ ビタミンA、亜鉛(ミネラル)で粘膜を強化し、粘膜局所の免疫を調整する!

・ 免疫力の7割を占める腸内環境を改善し、免疫をコントロールする!

これらの目的を成し遂げるために、生活習慣や食事を見直す必要があるのは、もちろんです。

さらに!

ビタミンをたっぷり含み、アレルギー抑制作用をもつ「ノイロトロピン」の入った
「花粉症専用の注射・点滴」をご用意しています!

アレルギー・花粉症注射: 2,500円
アレルギー・花粉症点滴: 5,000円

実は、これだけ!でも対策は十分・・・なのですが・・・、

それでも不安な方や、もっと重症な方のために!

「ヒスタグロビン注射」も準備いたしました!

—————————————————————————————————————————————–

◎「ヒスタグロビン注射」を使う治療とは? : その特徴

非特異的減感作療法と呼ばれ、アレルギーの原因に関係なく、アレルギーを起こしやすい体質を
元から改善する根本治療です。

ステロイド注射とは違い、副作用が極めて少ないことが特徴です。

このヒスタグロビンは昭和42年に国内で発売されて以来、一度も問題を起こしたことのない
安全性の高いものです。

週に1回程度の頻度で、症状の出方に応じて3回または6回のヒスタグロビン注射を行うことを
基本とします。

いずれの回数でも、打ちはじめてから3か月くらい経った頃に免疫機能が整えられ、全ての
アレルギー反応が大幅に抑えられることが期待できます。

週1回 3回 ヒスタグロビン注射 (1クール): 10,000円
《Basic治療》 を受けられている方は ・・・・・・ 7,000円

週1回 6回 ヒスタグロビン注射 (2クール) : 18,000円
《Basic治療》 を受けられている方は ・・・・・・ 12,000円

※ヒスタグロビンは血液製剤の為、投与に関する患者様の同意を必要とします。

※以上はすべて、保険診療ではなく自費診療となっています。

※初回には診察料の他、初期登録料が必要となります。

『ナチュラルアートクリニック 院長 御川安仁』

—————————————————————————————————————————————–

具体的な花粉症対策については、こちらの動画で解説しています。

 


ca3c11977337290b5ffb2d8df63093c2_E1

関連記事

クリニック案内

院長メルマガ

院長メルマガ

当院が大切に考える5つの柱

エナジーフロー 腸 脳 ミトコンドリア 栄養

最近のつぶやき

ページ上部へ戻る